日本脳炎

日本脳炎は、豚などの体内で増えた日本脳炎ウイルスが、蚊によって媒介されて感染します。7~10日の潜伏期間の後、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状を示す急性脳炎になります。人から人への感染はありません。

●第1期

【対象年齢】生後6か月(標準的には3歳)~7歳6か月未満
【接種回数】 3回(初回接種2回+追加接種1回)
【接種間隔】

初回接種:1回目接種後、6日以上(標準的には6日~28日)の間隔を空けて2回目を接種

追加接種:2回目接種後、6か月以上(標準的には1年)の間隔を空けて接種

●第2期

【対象年齢】9歳~13歳未満
【接種回数】 1回
【通知】小学4年生の4月に、学校を通してお知らせ・予診票を配布します。

●特例接種(積極的勧奨の差し控えにより、定期接種の機会を逃した方)

【対象者と接種期間】
・平成19年4月1日以前に生まれた方は、20歳未満
・平成19年4月2日~平成21年10月1日に生まれた方は、9歳~13歳未満

【接種回数】 日本脳炎の定期接種が不足している回数

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP