先天性風しん症候群の発生防止について

妊婦が妊娠初期から中期に風しんに罹ると、胎児が難聴・白内障・先天性心疾患を三大症状とする「先天性風しん症候群」を発症する場合があります。妊娠中の感染を予防するため、風しんに罹ったことがなく、予防接種を受けていない方は、男女を問わず予防接種(任意接種のため自費となります)を受けましょう。
注記:妊娠年齢の女性が風しんワクチンを接種する場合には、妊娠していない時期に接種を行い、その後2か月間は避妊が必要です。

詳しくはこちらへ
先天性風しん症候群の発生防止について

関連するリンク
風しんに注意しましょう

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP