B型肝炎

B型肝炎ウイルスがヒトの肝臓に一過性または持続性に感染する感染症です。持続感染の多くは出生時または乳幼児期の感染で成立することが知られており、そのうちの10%~15%は感染から年月を経て慢性肝炎を発症し、その後、肝硬変・肝細胞がんを発症することがあります。感染は主にB型肝炎ウイルスを含む血液あるいは体液との直接の接触によって生じます。小児では、B型肝炎ウイルスの集団感染や家族内感染などの水平感染が日常生活の中で起こっている可能性があるとみられています。

【対象年齢】生後12か月未満

【接種回数】3回

1回目から27日(4週)以上の間隔を空けて2回目を接種

1回目から139日(20週)以上の間隔を空けて3回目を接種

※母子感染予防のため出生直後から健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与を受けた方は、定期接種の対象とはなりません。

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP