小児の肺炎球菌

肺炎球菌は、乳幼児の鼻の奥に常在する菌で、飛沫により感染する乳幼児の細菌感染症の主な原因菌で、髄膜炎、敗血症、菌血症、肺炎、中耳炎等を起こします。

【対象年齢】生後2か月~5歳未満

【接種回数及び間隔】初回接種の開始時期により接種回数は変わります。

【接種開始:2か月~7か月未満】⇒4回(初回接種3回+追加接種1回)

初回接種は、2歳(標準的には1歳)の誕生日の前日までに27日以上の間隔を空けて3回接種します。

追加接種は、3回目から60日以上の間隔を空けた後、1歳以降に接種を行います。

ただし、1歳を超えて2回目の接種を行った場合は、3回目の接種は行わず、追加接種を行います。

【接種開始:7か月~1歳未満】⇒3回(初回接種2回+追加接種1回)

初回接種は、2歳(標準的には1歳)の誕生日の前日までに27日以上の間隔を空けて2回接種します。

追加接種は、2回目から60日以上の間隔を空けた後、1歳以降に接種を行います。

【接種開始:1歳~2歳未満】⇒2回(初回接種2回)60日以上の間隔を空けて2回接種します。

【接種開始:2歳~5歳未満】⇒1回(初回接種1回)

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP